flower border

梅見月

CategoryHollywood
梅は咲いたか、桜はまだかいな

elizabeth tayler kimono (1)

ドール:Elizabeth Taylor
(ヘッドは「Elizabeth Taylor in Father of the Bride」、ボディは「Elizabeth Taylor White Diamonds Doll」)
着物:お人形の着物店 * 十二単 *
撮影場所:神奈川県 小田原市 曽我梅林

ここからはいつものように自宅で撮影した写真。


背景はカレンダーを利用しました。色的に合うかな~と葉牡丹にしたら、なんか一月に逆戻りしたみたい。
着物が振袖だからかよけいにお正月っぽく感じます(笑)

elizabeth tayler kimono (2)

elizabeth tayler kimono (3)

帯の結び方が可愛らしくて華やかです。

elizabeth tayler kimono (4)

もう1体のマテル製エリザベス・テイラーと一緒に。こっちの名前は「The Elizabeth Taylor Doll」。
こちらの着物も「お人形の着物店 * 十二単 *」さんの作品です。

elizabeth tayler kimono (5)

シルクストーンボディに変えた「Father of the Bride」と、デフォのボディのままの「The Elizabeth Taylor Doll」。
もともと少し身長差があるボディですが、オビツ製の草履&足袋セットを履かせて、なるべく足が浮かないようにドールスタンドに押さえるように固定したら、またさらに身長差が大きくなりました。
できるだけ同じようにしたつもりでも、ボディの素材の硬さの違いによるものなのかな?ちょっとびっくり。
ボディが変わると全体のバランスも変わってきますね。

elizabeth tayler kimono (6)

「Father of the Bride」の顔は映画の時と同じ18歳の若さがあります。

elizabeth tayler kimono (7)

「The Elizabeth Taylor」の顔はもっと年上に見えます。

elizabeth tayler kimono (8)

後ろの花は黄水仙。これもカレンダーです。

elizabeth tayler kimono (9)

elizabeth tayler kimono (10)

衿をぐっと抜いて帯はお太鼓。
大人の女性の魅力が漂います。

elizabeth tayler kimono (11)

梅林で撮影した一枚。

elizabeth tayler kimono (12)

曽我梅林には流鏑馬を見に行ってきました。

前夜ふと、今年の冬は最初暖かったから梅の開花が早いはずと思い、花とドールを一緒に撮りたくなって、夜中に二人のエリザベス・テイラーに急いで着物を着せて適当な箱に入れ、当日それをさりげなくバッグの中にしのばせました。

家族との外出にドールを連れて行ったのは初めて。
行きがけにすぐ「この箱何?」と発見されてしまい、梅林では片手にカメラ、もう一方の手にはドールを持って木の間をうろうろする私を面白がって見ていました。

枝の影がドールの顔に映り込んで苦労していたら、ちょっとだけ手伝ってくれて助かりもしましたが、家族と一緒だとどうも集中できない。
誰もいない家の中で誰にも気兼ねせず自分の世界に入っていた方が気が楽だな~と思いました。
オタクですね







流鏑馬は2月11日だけのイベントでしたが、梅まつりは3月6日まで開催されています

soga bairin (1)

soga bairin (2)

soga bairin (3)

soga bairin (4)

soga bairin (5)

soga bairin (6)

soga bairin (7)

soga bairin (8)

お土産に買って帰ったのはもちろん梅干し。
家族は酸っぱいのが苦手なので私一人だけで美味しくいただきます(笑)







次回は16インチドールの着せ替えです。
ドレスで登場します~

4 Comments

わんこ  

こんばんは
エリザベステイラーがお着物で登場するとは
思ってなかったので、びっくりしました!
そして凄く似合っているのに二度びっくりです!!

確かに着物が似合いそうな髪型で黒髪で、
まっとうなメイクの正統派美人ではありますが、
外人の中でも特にバタ臭い顔立ちなのに!

瞳の色が着物の色とドンピシャ、帯締めの色が
背景の牡丹の色とバッチリで本当に美しいです
特に三枚目の斜め45度(滝クリか!)お写真が好きですe-51
リオコさんがこだわっておられるという襟の抜き方が美しいですーe-420

細雪 いけますよ〜、リオコさん!

お二人とも名家の令嬢か奥様に見えますが、
明治の元勲の奥様になった名奴と言われても、そうなんや
と思わせる上品で凛々しい色気もあり〜で、素晴らしいです〜(#^.^#)

2016/02/21 (Sun) 00:03 | REPLY |   

Rey  

こんにちは、お久しぶりです。

私の大好きなリズが麗しい着物姿で、そしておっしゃるとおり年齢差も感じさせてのご登場、
他の記事とともに目の保養をさせて頂きました。
うんうん、イケます、細雪!わんこさんに1票!!

梅って桜と違ってなんだか長持ちするみたいですね、うちの地元でも今たけなわです。
でも体調を崩していましたので、そうなんだろうなあと思うだけでした。
リオコさんに梅見に連れ出して頂いたみたい♪♬
ダブルリズ同伴で~なんて、もう団子も要らない!!(いや、それは居るv-17お茶もv-365

流鏑馬はこっちでは見られませんわ・・・。イイモノをご覧になられましたね♪
な~んか凛々しくって良いですv-398

2016/02/22 (Mon) 16:20 | EDIT | REPLY |   

リオコ  

Re:

v-335 わんこさん

こんにちは。
コメントありがとうございますv-237

私が思いついたアイデアではなく、Reyさんから「Father of the Bride」の方にいただいたリクエストを実現させた形ですi-179
どうせなら二体並べたら面白そうだと思って「The Elizabeth Taylor Doll」も一緒に登場させました。

この髪型と髪色、そう言えば昔の日本人女性っぽいヘアスタイルだから、エリザベス・テイラーの和装って案外いけるかも…なんて考えてましたが、なにしろそう、おっしゃるとおり「バタ臭い顔立ち」ですよね(笑)
ドレスの時とは勝手が違い、どの色の着物を合わせるかでちょっと悩みました。

Reyさんは「芸者さんの格好なんか似合うんじゃないかなと密かに思ったことがあるのです。」とおっしゃっていて、さすがだと思います。今回実際着物を着せた時に私もそう思いました。

もし手持ちの着物の中に黒か白で総柄でない着物があったらそれがいちばんなじむように思うのですが、残念ながらこれと言った物が見つからなかったのと急いでいたこともあって、「Father of the Bride」の方は単純に瞳の色と同じこの振袖に決めました。
が、着せ終わってみたら顔立ちがはっきりし過ぎて…。
実はアップした後、ちょっと濃かったかな~とやり直ししたくなってました。

でもわんこさんが「明治の元勲の奥様になった名奴と言われても、そうなんやと思わせる」と言ってくださって、おかげさまでモヤモヤが晴れました。
すごく嬉しいです!なんかホッとしました。
ありがとうございます!!

三枚目の写真は私も特に気に入っています。
真正面を向いた顔は背景や着物の色選びによって目力が強調され過ぎてしまってる気がします。少し怖いi-230

ヴィヴィアン・リーも黒髪だし『風と共に去りぬ』のヘアスタイルなんか見ようによっては明治のお嬢様っぽいので、もしかしたら着物いけるかな…?などとちょっと考えましたが、彫りの深い完璧美人顔に和装はやっぱりハードル高い。難しそうですi-229

2016/02/22 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |   

リオコ  

Re:

v-335 Reyさん

おお~!いらっしゃいませ!!
コメントありがとうございますv-237

いつリクエストいただいたかと見直したら、一昨年の春でした。
長らくお待たせしてしまって申し訳ありませんv-356
楽しんでいただけたようでよかったですv-238

体調を崩してらした!?
それは大変でしたね。もうすっかり良くなられたのでしょうか?
どうぞご無理なさいませんように…。

これから各地でいろいろな花が見頃になりますね。
先日から新聞に、静岡の河津桜や水戸偕楽園の梅の写真が載っていて、ああいよいよ春だなだぁと感じています。

花見団子にお茶、いいですね(笑)
そう言えば、数年前熱海梅園に出かけた際には帰りに海の方に下りて行ったら川沿いに濃いピンクの桜が咲いていて、桜餅が食べたくなりました(笑)

流鏑馬は本当に見ごたえがあります。
会場内で流派や馬の紹介などいろいろなことをアナウンスしてくれて、それを聞くのも楽しかったですi-179

2016/02/22 (Mon) 17:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment